沿革

昭和22年

平野 喜三が、東信興業株式会社を創業。
特殊鋼の販売並びに加工業務を開始。特に高速度工具鋼と、その原材料の輸出をアメリカ及びヨーロッパ向けに行う。

昭和32年

東京港区浜松町に東京ハガネ株式会社を設立
特殊鋼の国内需要増大に伴い、東信興業株式会社を改組。(株)不二越、理研製鋼(株)と代理店契約を結び、高速度工具鋼を主品目として一般特殊鋼を販売する。

昭和50年

金型業界の需要増加及び部品の高品質化に伴い、金型パーツ業界に高速度工具鋼を主に、販売を開始する。

昭和54年

浜松町本社のビル建設及び業務拡大に伴い、両国営業所を開設し主たる業務を移管する。

昭和56年

自動車業界の国内需要増大に伴い、機械加工品部門を拡大、精密鍛造、鋳造、加工品の販売を強化し非鉄、鋼管の販売も開始する。

昭和57年

日立金属(株)と販売提携を結び、高速度工具鋼を主に販売を開始する。

平成4年

金型業界の多様化に伴い、大同特殊鋼(株)の工具鋼を主に販売を強化する。

平成8年

業務及び取扱鋼種の多様化に伴い、江東区大島8-17-44に製品倉庫を取得。

平成13年

中国企業との輸出入業務を開始。

平成18年

取扱量の増大により大島倉庫を閉鎖し市川にて製品管理、在庫業務の委託を開始。

平成19年

業務の多様化に伴い切断機を増設。